« 差し上げます、第3弾 | トップページ | アルファ、3年 »

2014年6月24日 (火)

ブリーディングシンポジウム

今日はお世話になっている会社主催のブリーディングシンポジウムにサラママを誘って行ってきた。
色んな話を聞け、とても勉強になった。

Img_1026_1

今日はじめて知ったこと。
潜在精巣(睾丸が降りてこない状態)が遺伝性疾患であるとは知っていたのだけれど、父系の遺伝だと思っていた。
でもそうではなくて、常染色体(性を決めるのは性染色体)の劣性遺伝ということで、父方にも母方にも遺伝して、両方揃った時に発現するということだ。
犬だと、30日前後で睾丸が降りてない個体は、潜在精巣の遺伝性疾患がある判断するということだった。

睾丸が降りてこないという話はわりとよく聞くのだけれど、日本の犬は約15%が潜在精巣という問題を抱えているそう。イギリスは半分ぐらい。なので、なんからの遺伝疾患をなくす取り組みがされているのではないかという先生の見解だった。

にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ
にほんブログ村

|
|

« 差し上げます、第3弾 | トップページ | アルファ、3年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67248/59871763

この記事へのトラックバック一覧です: ブリーディングシンポジウム:

« 差し上げます、第3弾 | トップページ | アルファ、3年 »