« 白馬わんわん運動会 | トップページ | 御前崎2daysドッグショーのお知らせ »

2014年2月26日 (水)

歯の話

今のところ、F.CHORDメンバーにはいませんが、スウェーデン血統のフラットで、欠歯や過剰歯の子をたまに見かけます。

気になってあちこちに聞いてみたら、スウェーデンでは、欠歯でも過剰歯でも繁殖はOKということです。
イギリスでは、欠歯も過剰歯もブリーディングには使わないとのこと。
歯の数より、噛み合わせ(フラットはシザーズバイト)のほうが重要です。

ただ、スウェーデンでも、ブリーダーの自主規制で、欠歯の子は使わないブリーダーが多いみたいです。
欠歯は遺伝するし、どんどん顎が小さくなっていって、歯が並ばなくなる可能性をはらんでいるし、実際小型犬ではそれが問題になってきているそうです。

後天的にアクシデントで歯が折れたり抜けたりした場合(欠損歯)は、隙間ができるので、ショーに出してもジャッジが先天的か後天的かを見分けることが出来ます。
獣医さんに後天的であるという、証明書を書いてもらってる人もいるとか。

そもそも日本のジャッジは歯に甘いという噂もあるけど・・・

もちろん、ゲーム(獲物)を傷つけずに運ぶためには、歯の数だけでなく、しっかりとした顎の作り、ソフトマウスもフラットとしては必要な条件です。

にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ
にほんブログ村

|
|

« 白馬わんわん運動会 | トップページ | 御前崎2daysドッグショーのお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67248/59204663

この記事へのトラックバック一覧です: 歯の話:

« 白馬わんわん運動会 | トップページ | 御前崎2daysドッグショーのお知らせ »