« ダイバーシティー ガンダム | トップページ | アルファを偲ぶ会 »

2012年6月22日 (金)

Charmören

スウェーデンからフラットコーテッドレトリーバークラブの会報誌が届いた。
スウェーデン語を読む気力がなく、写真を楽しむのがもっぱらなので、血縁の子や知ってる子が載っていると嬉しい。

今季号は、Crufts展のレポートが載っていて、Bonus(ノーナの父)とTobias(タウの異母兄弟)が紹介されていた。
Bonusはオスの1番で、Tobiasは2番目だった。

P6222600_1

日本のショーは、キング(オスの全犬種で1番)とクイーン(メスの全犬種で1番)が最後にBISを決めるが、ヨーロッパでは、BOB(Best of Breed犬種代表)になれるのは、オスメスのどちらかだ。
2012年Crufts展では、メスの1番の子がBOBとなり、グループ戦に出た。

ノーナがBonusを越えられるかどうかはわからないけれど、ノーナの成長はものすごく楽しみ。

にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ
にほんブログ村

|
|

« ダイバーシティー ガンダム | トップページ | アルファを偲ぶ会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67248/55028594

この記事へのトラックバック一覧です: Charmören:

« ダイバーシティー ガンダム | トップページ | アルファを偲ぶ会 »