« 満5週のガールズのスタック写真 | トップページ | 東京インターナショナルドッグショーのお知らせ »

2011年12月14日 (水)

ゾウリムシは死なない?

先週の土曜日、JDFから京都に慌ただしく移動したのは、大学時代の研究室(細胞・遺伝学講座)でおせわになった先生の古希をお祝いするパーティがあったから。

先生は、ゾウリムシには寿命があることを証明(おそらく自然界では不死)された。
そのゾウリムシを使って、寿命と老化の研究をされている。
先生は、何かわからないことがあると、ゾウリムシに聴くらしい(^^)

先生の講演を聞き、有性生殖と無性生殖のあらたな知見を知ることができ、遺伝子の多様性の大切さも再認識した。

また、第一線で活躍されている先輩・後輩達の話も聞けて、パワーを貰った楽しい会だった。
二次会でもコラーゲンを食べることに効果はあるのか?と激論(爆)

先生の著書。

ところどころ専門用語がわからなかった(というか忘れてる)けど、なぜ真核生物が寿命を持つようになったのかという先生の考えに触れることができ、楽しく読ませてもらった。

種間では体重の重いものが長生き(象のほうがねずみより長生き)するが、種内ではその法則が成り立たない(大型犬が比較的短命)。
なぜ大型犬が比較的短命なのかについて、私のライフワークとして研究したいと思う。

しかし、ショックだったことがひとつ・・・横幅が成長してるのが、同級生でわたしだけだったこと。なんでこうなっちゃったの?と言われてしまった。4年間をみっちり過ごした仲間は辛辣だ(ーー;
体重増えても長生きしないから、痩せなければ。

|
|

« 満5週のガールズのスタック写真 | トップページ | 東京インターナショナルドッグショーのお知らせ »

コメント

先日はありがとうございました。
あと20日間ちょっと どんどん 大変になってきますけど
お願いいたします。

寿命や遺伝 私も非常に興味をもっている分野です。

北方には、50kg超の野生オオカミも存在していますが、
犬に枝分かれした野生犬は10kg~20kgの個体で、
飼犬になってから 選択交配の選択肢の一つが大型化
だったのですが、
そこで寿命に関係する負の要因があったと考えます。
その負の要因が判明したら、知りたいです。
ワンコを含み 生き物には興味が尽きませんね~。

投稿: azu | 2011年12月15日 (木) 19時05分

♪azuさん

2ヶ月って経ってしまえばあっという間なんですが、色々と思い出が出来るのですよ。

生物は勉強すればするほど、奥が深いなあと思います。
まだ解明されていないところもあるけれど、体の仕組みは、ものすごく巧妙に出来ていて、驚きます。

ほんとに生き物には興味が尽きません。

投稿: F.CHORD | 2011年12月16日 (金) 00時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67248/53486620

この記事へのトラックバック一覧です: ゾウリムシは死なない?:

« 満5週のガールズのスタック写真 | トップページ | 東京インターナショナルドッグショーのお知らせ »