« 手作りパン | トップページ | 北陸甲信越インターナショナルドッグショーのお知らせ »

2011年6月16日 (木)

アルファくん、その後

起き上がれなくなってから3週間ちょっとが過ぎた。
少しずつだけれど、調子が良くなってきたように思える。

昨日、今日と、ご飯の時は、2階にあがってくるようになった。

大量の腹水のせいで、まだ左足がむくんでいるけど、起き上がるときに「ピー」って言わなくなったし、夜のトイレ散歩は、しばらくの間だけれどすたすたと歩いていた(先に行ってしまった、デルタとサンを追いかけたかった様子)。

獣医さんから提示されている治療方法は、

1.原因追及のための開腹手術

2.悪性腫瘍を想定しての抗がん剤使用

3.炎症を想定してのステロイド使用

4.何もしない

先週の金曜、土曜はアルファは夜も眠れなくて、とても辛そうで、ほぼ徹夜でつきあった私も辛くて、もう手術を受けようかと考えていたのだけれど、腹水も減ってきたように見えるし、調子も上向いてきたので、しばらく様子を見ようかなあと思い始めた。

状態と検査結果がアンマッチで何をするにも決め手に欠けるのが、悩みどころ。
悪性じゃないと思うんだけどなあ。

調子が悪くなってから、一段と表情が優しくなったアルファ。
悟りを開いたとか???

Cl2c0368_1

アルファのお父さん、Cosmosと同じくらい(享年12歳)長生きしておくれ~。

にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ

|
|

« 手作りパン | トップページ | 北陸甲信越インターナショナルドッグショーのお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67248/51955448

この記事へのトラックバック一覧です: アルファくん、その後:

« 手作りパン | トップページ | 北陸甲信越インターナショナルドッグショーのお知らせ »