« アルファの旅立ち | トップページ | 胸の奥の痛み »

2011年6月26日 (日)

アルファくん、ありがとう

アルファに、たくさんのメッセージやお花などを頂きまして、ありがとうございました。
アルファは、よい花の香りに包まれて、安らかに寝ています。
今はまだ、個別にお礼&お返事できません事、どうかお許し下さい。

P6260408_1

木曜の夜、ごく近所への散歩の帰りに伏せてしまい、しばらくした後、何とか立ち上がり帰るような状態でした。

金曜の朝はご飯を少し食べたのですが、昼以降トイレもせず、夜にはもう全く食べず、呼吸がかなりしんどそうだったので、かなり心配していました。
撫でてあげていると、ずっと顔を見てました。

夜十時すぎに立ち上がり、外に出たがるので、庭に出したら、ながーいおしっこ。
その後伏せて、笑顔で尻尾をぱたぱた。
そして撫でている私の腕にもたれかかり、そのまま横に倒れ、一瞬で亡くなりました。

呼吸は苦しかったのでしょうが、最後まで健気にそして立派に旅立ちました。

亡くなった後のアルファは、ただそこに眠っているようで、「ちょっと疲れたから、寝てたある」と今にでも起きてきそうな気配でした。

サラ・ライル・カリン家とnana家が駆けつけて下さり、色々とアルファの面倒を見てくれました。

そして、昨日の午後、アルファを荼毘に付しました。
火葬している途中、不思議なことに火葬場のドアを押さえていた脚立が何度も倒れ、天国に行こうとしたアルファが、脚立を登って失敗したのでは、とみんなで大笑い(そういう奴です)。

昨日も、ターラ家、nana家、サラ・ライル・カリン家には、アルファの事で大変お世話になり、感謝感謝です。これもアルファの犬德のおかげです。

アルファの亡くなった原因は、結局わからないままでした。
8カ月の頃かかった非常にたちの悪い菌が原因の肺炎で、片肺になりました。その時、死んでいてもおかしくなかったけれど、色んなラッキーが重なり助かったのです。
当時、手術して下さった先生からは、4,5歳までしか生きられないと言われていました。
この急激な暑さに、肺やバランスを悪くしていた体が耐えられなかったのでしょう。

だから、7歳まで生きたアルファは、長生きできた方なのです。
長生きしている間に多くの子供達にも恵まれ、アルファは自分で良縁をみつけ、幸せに旅立てました。

今朝起きたら、不思議なことにベッドの上に、なぜかソフトバンクのお父さんのイラスト入りのポケットティッシュがそっと置かれてました。さすがいつも周りに気を遣っていたアルファ、すごいなあ。

アルファは、遠路はるばる7年前の夏にスウェーデンからやってきました。
人(とくに子供)のことが大好きで、だれにでも満面の笑顔。
争いごとが嫌い(ちょっとへたれ?)で、その大きな心と包容力で、私たちのすべてを受け入れてくれました。
アルファは、うちの太陽のような存在でした。そして、アルファのおかげで、笑いの絶えない毎日でした。

アルファは、太く短く、その犬生を駆け抜け、実に多くのことを私に教えてくれました。
ああすれば良かったのかもとか後悔がなくもないですが、何をどう選んでも、アルファは「それでいいある。」と笑顔で返事してくれたことでしょう。

今はただアルファに感謝しています。
そしていつかアルファのような人間になれれば幸せです。

3ヶ月の頃。でかい子犬だったなあ。

Img_2069_1

ショードッグだった頃。
2006年アジアインター ウイナーズドッグという賞歴すら忘れられていたアルファ(爆)

Alpha_1

カメラマンお気に入りの一枚。
5歳の誕生日に撮った写真。

Img_2043_1

亡くなる2日前の写真。こんなにもかわいい笑顔。

Cl2c0001_1_1

JKC.CH ALMANZA FOR THE BEST
こと
アルファ(THE BEST FCR FOR F.CHORD JP)

アルファ、すぐにまたうちに生まれ変わって戻ってくるんだよ!

にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ

|
|

« アルファの旅立ち | トップページ | 胸の奥の痛み »

コメント

おしっこもちゃんとして、すっきりして気持ちよかったんだね。
なんとなくその時の笑顔でパタパタが目に見えるようです。
最近は凜と同じ年頃のこの悲しい話しをチョコチョコ目にして・・・ちょっとした変化に一喜一憂している私です。
よそのワンコよりもこのワンコにとっては劣悪な湿度の高い北陸、そんな中で育ってきた凜だからよその子よりもしぶといはずと思うようにしてはいますが(´へ` )
アルファ君沢山の子供達を残し沢山の人を幸せにしましたね、ゆっくり休んでくださいね。
ファイママさんも体調崩されませんよう、お大事になさってくださいね。

投稿: chababa | 2011年6月26日 (日) 19時48分

色んな場所に挨拶行脚しているアルファくんpaper
こちらこそ、我が家に三匹ものアルファくんの分身をありがとう。

また会う日までpaper

投稿: サラ・ライル・カリンパパ | 2011年6月27日 (月) 06時49分

ほんとに、ありがとう~っっ。
アルファ君のおかげで、
いろいろ貴重な経験をさせて頂きましたっ。

投稿: ジェイナ | 2011年6月27日 (月) 09時35分

アルファ君、
最後まで立派だったんですね。
チッコもして、
笑顔でご挨拶をして、
そして、ママの腕の中で旅立ったのね。

格好いいアルファ君、
ご冥福を心よりお祈りいたします。

投稿: ひろりん | 2011年6月27日 (月) 14時30分

アルファくん、最後までとてもいい子だったんですね。
パピーの頃にずっと入院して大変だったアルファくん。
その後、元気に充実した犬生を送る事ができて幸せだったと思います。
ファイままさん、ご家族様のお疲れが出ませんように...。
アルファくんのご冥福を心よりお祈りいたします。

投稿: 桜子ママ | 2011年6月27日 (月) 21時39分

よしむら動物病院で21日にお会いしたアヤメの飼い主です。
初めて会ったアルファ君主人の顔を見上げて笑っていたそうです。
きっと天国で見守ってくれていると思います。
去年なくなった我が家のラックとももしかしたら初対面だねなんて言って
仲良くしているかもしれません。
アルファ君のご冥福をお祈りいたします。

投稿: ラック | 2011年6月28日 (火) 01時12分

♪chababaさん

色々とご心配下さり、ありがとうございました。
春にカイを見送ったばかりだったのに。

凜ちゃんは、長生きしてね。

投稿: F.CHORD | 2011年6月29日 (水) 00時06分

♪サラ・ライル・カリンパパ さん

身軽になったアルファは、あちこち飛び回ってるのでしょうね。
また会えますよね。

投稿: F.CHORD | 2011年6月29日 (水) 00時07分

♪ジェイナさん

ジェイナさんも、貴重な体験したんですね。
知らなかった。
ジェイナちゃんは、長生きして下さいね。

投稿: F.CHORD | 2011年6月29日 (水) 00時08分

♪ひろりんさん

アルファは、本当に立派でした。
でも犬はみんなそうだと思います。

投稿: F.CHORD | 2011年6月29日 (水) 00時10分

♪桜子ママさん

パピーの頃は、過酷な状態で、2ヶ月がんばり、退院したんですけどね。
「日本の夏はきらいある」と、さっさと逝ってしまいました。
本当に充実した犬生を送りました。

投稿: F.CHORD | 2011年6月29日 (水) 00時12分

♪ラックさん

アルファの亡くなる2日前に会ったということは、何かのご縁が会ったんですよ。
ラックくんと天国で一杯遊んでいることでしょう。

アヤメちゃん、みんなの分も長生きしてね。

投稿: F.CHORD | 2011年6月29日 (水) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67248/52045441

この記事へのトラックバック一覧です: アルファくん、ありがとう:

« アルファの旅立ち | トップページ | 胸の奥の痛み »