« リクエストにお答えして | トップページ | 不受胎確定です(TT) »

2011年4月20日 (水)

フィンランドチャンピオンになるためには

フラットをフィンランドチャンピオンとして登録するためには、カードの他に、ハンティングテストに合格する必要がある。
このハンティングテストに合格することで、公式の競技会にも参加できるようになるそうだ。

このテストが以外に難しい。
1 水場からのカモメのレトリーブを2回
2 茂みの中でサーチングのテスト(探索のモチベーションを調べる)
3 うさぎの臭いのトラッキング(追跡)80m 

F.CHORDで今のところ受かりそうなのは、デルタとサンぐらいかも(自爆)

チャンピオン登録に、このような敷居を儲けることで、本来の犬種らしさも残していけるのでしょう。

嬉しいことに、フィンランドのブリーダーさんから、犬舎に遊びにおいでとお誘いがあった。
スウェーデンフラットをベースに、ハイクオリティで均質なフラットを多く作出しているブリーダーさん達を私はとても尊敬している。そして、私が目指していることでもある。
去年、たまたまスケジュールが合ったので見に行ったフィンランドのショーだけど、行っておいて本当に良かった。
夏に、フィンランドを訪問できるといいな。

写真は、フィンランドフラット

Gf_020408

ちなみに、JKCチャンピオンになるためには、犬種にかかわらず、CCを4枚(MCCを1枚以上含む)取得することと、CD1に合格することが必要条件です。

にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ

|
|

« リクエストにお答えして | トップページ | 不受胎確定です(TT) »

コメント

こんにちは。
とってもいい写真ですね、いい顔しています。
真剣なまなざしに、こちらの気分も引き締まります。
実猟が盛んな国では、チャンピオンになるにも猟犬としての能力も問われるんですね。

投稿: ManSteflat | 2011年4月21日 (木) 02時49分

♪ManSteflatさん

実に凛としたいい顔してます。
真剣に仕事しているということですよね。

この子は、ショーチャンピオンであり、実猟犬でもあります。
そうやって、犬種としての能力が受け継がれていくのだと思います。

実猟など、犬種本来の能力発揮する機会の少ない日本で、CD1(家庭犬訓練試験初等科)の取得というのは、それはそれで理にかなったことなのかもしれないと思いました。

投稿: F.CHORD | 2011年4月21日 (木) 11時59分

ホント、犬の種類って作業や役割の数だけあるはずですよね。
ジャックも海外ではキツネの穴にいかにすばやく潜って獲物の前で吠えるかっていうテストがあるんですよ~
ちょうど災害救助犬とアジリティのトンネルを足して2で割ったようなカンジ?
あ、↓の敷物さんもコルファくんもご馳走様でした(爆)

投稿: りーぱい | 2011年4月22日 (金) 08時34分

♪りーぱいさん

現在の犬は、人間が目的に応じて作ったものですから、それぞれに応じた作業や役割があるんですよ。

へ-、ジャックもやはりそういうテストがあるんですね。
トリュフみつけるテストとかないかな(爆)

ヨーロッパだと、フィールドトライアルのテストも、レトリーバ-、HPR等に別れてますよね。

敷物、喜んで頂けてよかったです。

投稿: F.CHORD | 2011年4月22日 (金) 10時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67248/51447231

この記事へのトラックバック一覧です: フィンランドチャンピオンになるためには:

« リクエストにお答えして | トップページ | 不受胎確定です(TT) »