« なんの音? | トップページ | 念力アル »

2010年12月23日 (木)

ヘルシンキ&フィンランドドッグショー追記

動画が膨大なので、一番真面目にとったフィンランドウィナーの動画で紹介。

まずは、クラス別の審査。
ジュニアクラス(9~18ヶ月)。最初に全頭でラウンドし、個別審査。
ジュニアクラスで1席になると、ジュニアウィナーのタイトルがもらえる。
ヘルシンキジュニアウイナーになった子の個別審査の様子。1頭ずつ丁寧に見て、個体評価(Excellent,VeryGood,Good,Sufficient,Disqualified,Cannot be judgedのどれか。今回は、ほとんどの子がExcellentかVerygoodをもらっていた)をもらう。
日本のショーでもFCIのショーは、個体評価があるが、たぶんGoodまで。

こちらは、メスのジュニアウイナーズ戦

みんなとても楽しそうに走っている。

ジュニアの後は、インターメディエートクラス(15ヶ月~2歳まで)、オープンクラス(15ヶ月以上)、ワーキングクラス(15ヶ月以上、別途ワーキングクラスチャンピオンのタイトルがある)、チャンピオンクラス(15ヶ月以上でタイトル保持犬)、ベテランクラス(8歳以上)と審査が延々と続く。

オスのチャンピオンクラスの審査。

各クラスで席次のついた子達が一斉に並んで、オスの一番を決める。壮観。

こちらは、ベストビッチ決定戦。

ベストドッグとベストビッチのどちらかから、BOBを決める。
BOBになった子がグループ戦にでる。日本のようにオスメス別々のグループ戦はしない。
オスの代表Black Mica's That's Enoughとメスの代表Almanza On Thin Ice。

ヘルシンキドッグショーの8グループのグループ戦(フラット代表はSune)の様子。

ステージも派手だし、パフォーマンスが面白いジャッジもいて、見ていて楽しい。

2日間通して思ったことは、フラットの質の高さはもちろんのこと、気取らないショーだなあと。服装も自由、リードの持ち方も自由、フリースタック(というかお座りしてる子もいる)。
ショーに参加してるフラットは、オーナーさん達と実にアイコンタクトを良くし、しっぽぶんぶんで実に楽しそうに走ってました。ショーに出てるという意識がなく、日常の生活の延長でショーにたまたま来たという感じを受けました。
それに比べ、日本は型にはまりすぎているのではないかと思ってしまいました。
オナハンやブリーダーハンドラーが多いのも、日本と違うところ。

今回も、色んな人とお知り合いになれたし、行くたびに勉強になるので、これからも1年に1回くらいは、海外のショーを見に行きたい。来年は、7月のパリでのワールドドッグショーか、12月のノルウェーウィナーに行きたいな。

|
|

« なんの音? | トップページ | 念力アル »

コメント

動画、とても楽しく拝見しました。
いいですね、気取らない、自然体でのショーイング、こういうの好きだなぁ~
まぁ、わが家の子達はショーとは無縁ですが、とても勉強になりました。
 

投稿: shio-chan | 2010年12月23日 (木) 20時16分

♪shio-chanさん

雰囲気だけでもわかってもらえたらと動画をUPしました。
ほんと、みんなでショーを楽しんでいるんですよ。

JKCもヨーロッパのショーを少し見ならって欲しいなあと思います。

投稿: F.CHORD | 2010年12月23日 (木) 21時16分

たくさんUPしてくれてどうもありがとう!
SuneとHimlaをたくさん撮ってくれてありがとね♪
いや~、やっぱSuneかっこいいわ、最高!
グループ選はあんなにたくさんのブリードが出るんだね。
Himlaもすっごく綺麗。
ジークと全然違うんだけど~。

投稿: BELLママ | 2010年12月23日 (木) 21時38分

ウホっflairパリに行きたいheart02お金貯めよっかなsign02

投稿: HIKO姉 | 2010年12月24日 (金) 07時11分

♪BELLママさん

言いつけ通り(?)SuneとHimla一杯とってきたよ~。

日本では寂しい7グループでも20頭ぐらい出てました。フィンランドケネルクラブは、JKCよりも公認の犬種が多いんです。
見たことない犬種もいました。

うーん、ジークとは違いましたねぇ(^^;

投稿: F.CHORD | 2010年12月24日 (金) 08時21分

♪HIKO姉さん

どこかに行くついでにパリに寄ろうって、何度か計画したのですが、いまで実現できていません。
来年度はぜひ行きたい~。
私は、お金とマイル貯めなきゃ。

投稿: F.CHORD | 2010年12月24日 (金) 08時22分

初めまして!BELLママさんのところから参りました。

色々と勉強になりました。
フィンランドでは、2歳以下でチャンピオンタイトルのある仔がいることが分かり、びっくりです。
ありがとうございました!

またお邪魔いたします☆

投稿: BJ | 2011年2月20日 (日) 17時14分

♪B&Jさん

いらっしゃいませ。
少しでも参考になれば、幸いです。

スウェーデンでは、2歳以上しかチャンピオンになれないと思いますが、イギリスでも2歳以上なのかな?

ベストドッグ戦やベストビッチ戦(勝者がタイトルウィナー)は、最初はなんで一杯並んでるのかわかりませんでした(^^;

是非、また遊びに来て下さい。

投稿: F.CHORD | 2011年2月20日 (日) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67248/50375799

この記事へのトラックバック一覧です: ヘルシンキ&フィンランドドッグショー追記:

« なんの音? | トップページ | 念力アル »