« ヘルシンキウィナー ドッグショー | トップページ | ヘルシンキ空港にて »

2010年12月12日 (日)

フィンランドウィナー ドッグショー

今日は、9時過ぎに会場入り。
本日の出陳総数は、7130頭・・・もうお腹いっぱい(爆)

フラットは、61頭のエントリーで59頭が出場。
10時からはじまり、終わったのが3時前。好きじゃないと、5時間もフラット見てられません。
昔、いーなーと思っていたフラットの子供世代がいっぱい出てて、楽しみながら見ました。

審査にかける時間が日本と桁違い。
クラスドッグだけでなく、チャンピオンクラスも個体審査があり、エクセレント、ベリーグッド、グッドの3段階の評価が下されます。今日の牝のCHは、半分しかエクセレント評価をもらえてませんでした。厳しーい。

今日の結果:
BOB、Wildzeal Rosa Multiflora(♀・・・オープンクラスからのオーバースペシャル。たまたまこの子のブリーダーさんと一緒にショーを見ていたので、私も一緒に大喜び。)
BOS、Tofffreams Scuff'n Puff(♂)
ベテラン(8歳以上、今日は2頭しか出てなかった)代表は、Comics Summer Dream(♀・・・日本にはベテランクラスはありません)
ブリーダー(4頭1組で走る、これは圧巻)は、Kennel Flat Power(ブリーダー選考も日本にはありません)

買い物したいのと疲れたのとで、グループ戦は見ずに帰ってきました。

今日のジャッジは、Almanza犬舎のRagnhildさん。
なので、Almanzaブリードのフラットは出てません。

ショーに出てるフラット達の質の高さに、とても感銘を受けた私。
ショーの後、その話をRagnhildにしたところ、フィンランドのフラットは、この10~15年でとてもクオリティが上がった、以前は頭が大きすぎたり、目がまん丸で奥目じゃなかったり、ひどかったのよと・・・うちにも似たのがいるようなwobbly

日本でも、10年頑張れば、もっと質を上げられるということ。
陸の孤島だから難しいけど、最近はあちこちから輸入してる人も多いし、少しずつでも変わればいいと思う。

色々といい刺激を受け、おまけに心身ともにリフレッシュ!
これからも、まじめに地道にがんばるぞー。

※2014年8月8-10日にワールドドッグショーが、ヘルシンキであります。
今度は夏だし、観光シーズン。またこれるといいな。マイルためよう(爆)

|
|

« ヘルシンキウィナー ドッグショー | トップページ | ヘルシンキ空港にて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67248/50287527

この記事へのトラックバック一覧です: フィンランドウィナー ドッグショー:

« ヘルシンキウィナー ドッグショー | トップページ | ヘルシンキ空港にて »