« ジャパンドッグフェスティバル ドッグショーのご案内 | トップページ | 腰が痛い »

2010年12月16日 (木)

世界は狭い

ロンドン在住のタウのお父さんSimon(Almanza Far &Flyg)の元オーナーでもあるブリーダーさんから、フィンランド来てたんだって、で、週末の東京のショーは何頭出るの?というメールが来た。

なんでしっとんじゃーと思ったら、スウェーデンのブリーダーさん達と話したらしい(^^;
そして、土曜日のショーの後、レポートしろと言われてしまった。えーーー(TT)
こういう話があると、世界は狭いなあと思ってしまう。

いつも思うけど、ヨーロッパのあちこちのブリーダーさん達は、連携が良く、お互いに協力していいフラットを作っている。うらやましい環境だ。

以前もらったSimonの写真。とてもかっこいい。

Pict1680_1

Simon_hogbo

|
|

« ジャパンドッグフェスティバル ドッグショーのご案内 | トップページ | 腰が痛い »

コメント

さすが世界のフラットのブリーダーさんとつながっているファイママさんですね♪

マクシス、BOSに選ばれたあとでフランク・ケイン氏からコメントをいただきました。 尻尾の角度が「correct正しい」だと。「多くのフラットが尻尾の角度が上を向き過ぎている」と。 それから、「グッドコンディション」だと。 あとは、牡2位のとの選別のアップダウンの時に2匹の胸板というか、前肢の付け根の胸幅というか、その辺を何度も触り比べておられて、2位の方には「何歳?もっと胸が深くなってくればいいね」とコメントされておられました。

フランク・ケイン氏が書かれた本を購入し、一部だけ読みましたら、「ジャッジするときに心掛けるべきは、欠点にとらわれるべきではなく、どれだけの長所を持っているかで評価して行かないと、全体像を見失うし、完璧な犬などいないのだから」というような内容の文がありました。

また、体つきの正しい例と間違いの例のイラストもありました。 
肋骨は適度の長く、骨盤との隙間は短い方がよいそうで、逆に肋骨が短くて骨盤との間が背骨だけの部分が長いと弱い背中になるので間違いだと。

その確認の為かわかりませんが、何度もマクシスのひ腹のあたりを横から押して確認していたのですよね。 筋肉の付きというか、ウェストのしまりを確認しているのかと思っていましたが、もしかしたら肋骨の終わりの部分を触って確認していたのかもしれません。

以上、報告を書かれるとのことなので、ご参考までに♪

投稿: はな | 2010年12月20日 (月) 10時20分

♪はなさん

お疲れ様でした。
そして、改めて、マクシスくんのBOSおめでとうございます。

フランク氏は、体をよく触ってましたね。
ラブのオスの審査も見てたのですが、オーバースペシャルした子の肩や腰のあたりをよく触っていました。同じようなことを確かめていたのかもしれませんね。

色々と教えていただきありがとうございます。
とても参考になります。
結局、本を買いそびれてしまったので、頼まれていた分と合わせ先ほどUKに注文しました。

尻尾が上がるのは良くないと昔から聞いていましたが、不思議と、最近上がり目の子が多い(うちのラムダもそう)んですよ。
ショーでは絶対に上がらないデルタを出しておけばよかったかしらと思ってしまいました(^^;

フィンランドでRagnhildと話した時も、完璧な犬はいないって言ってました。それぞれのジャッジで重視するところは違うのでしょうが、どのようなジャッジにでもある程度評価されるべく欠点を消していかないといけないのだろうと思っています。

また、これはRagnhildから言われたことですが、フラットはガンドッグであることを忘れてはいけないということです。
結局のところ、作業に適した体つきというものがありますから・・・GRTでの勉強会でも実猟から決まるスタンダードもわかって、大変勉強になっています。

これからも幅広い知識をつけて、がんばっていきますので、また色々と教えてください。よろしくお願いします。

次お会いできるのは、ジャパンインターかな。

投稿: F.CHORD | 2010年12月20日 (月) 19時21分

ファイママさん♪

丁寧なお返事を書いてくださっていたのに、何週間も経って、今頃読みに来ました(汗)

サイモンとタウの尻尾の角度は最高ですね。

思うに、ショー会場だとやっぱりゆっくりお話できませんでした。
またいつか、お宅におじゃましに、おしゃべりしにうかがってもいいですか?

色々とお勉強されたこと、、、、教えてほしいです(楽するつもりかも、笑)

またそのうち、ご連絡させていただきます。
最低限、ジャパンインターではお会いできるかもですね♪

投稿: はな | 2011年1月12日 (水) 23時30分

♪はなさん

今頃かい!!(爆)

やはり、サイモンとタウの尻尾の角度は素晴らしいです。
でも、ハンドラーさんが言うには、うちのフラットの中で、スタックしたときに一番正しい位置に来るのはデルタだと言ってました。
尻尾も奥が深ーい。

ショー会場では、ばたばたしてるので、ゆっくりお話しできませんね。
お時間のあるときに、また遊びに来て下さい。

ご連絡お待ちしています。
ジャパンインターもよろしくお願いします。
申し込みは来週よね(汗)

投稿: F.CHORD | 2011年1月13日 (木) 08時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67248/50320581

この記事へのトラックバック一覧です: 世界は狭い:

« ジャパンドッグフェスティバル ドッグショーのご案内 | トップページ | 腰が痛い »