« ティーチングドッグ | トップページ | シグマとライム »

2010年9月30日 (木)

相次ぐ訃報

先日のキャロルちゃんの訃報に続き、古くからの友達だったバンビちゃんが虹の橋を渡ってしまった。悲しくて泣いてしまった。

ファイ兄がナンパして知り合ったバンビちゃん。
しばらくご無沙汰だったけど、ファイと生まれが近くて、昔は良い遊び相手(ライバルともいう)だった。
みんなで8歳を一緒にお祝いしたかったな。

フラットには7歳の壁説(8歳を迎えられない)があるのだけれど、キャロルちゃんもバンビちゃんも7歳半ぐらいで亡くなってしまった。

フラットがみんな長生きできますように!

キャロルちゃんとバンビちゃんのご冥福を心よりお祈りします。

|
|

« ティーチングドッグ | トップページ | シグマとライム »

コメント

悲しい、出来事でしたね。
この悲しみは、非常にわかります。
どうか、気を落とさないでください。
大型犬は、人間に近いというか性格も穏やか。
モーガスジュニアのブリーダーさんが言っていたんですが、「代々続いているこの子が持っている血統によって長生きするか、持病があるのか、で決まる」ってお話していましたよ。 悲しいときは、沢山泣いてください。また、その子の写真を見て思い出して話してあげる事が供養になると私は、思っていますよ。 お互いに頑張りましょうね。

投稿: モーガス | 2010年10月 1日 (金) 12時41分

♪モーガスさん

お気遣いありがとうございます。
確かに、ある程度は血統で決まるんですよね。
だから心あるブリーダーさん達は、寿命も考慮してブリーディングをしています。

思い出話をすることは、人間にとってもわんこにとっても供養になるんですよね。
はい、頑張りましょう。

投稿: F.CHORD | 2010年10月 1日 (金) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67248/49607977

この記事へのトラックバック一覧です: 相次ぐ訃報:

« ティーチングドッグ | トップページ | シグマとライム »