« リードの引っ張りを教えるのは | トップページ | ライム順調です »

2010年8月13日 (金)

日本版 フラットデータベース

先日のイベントで話題になったことがもう1つ。
日本でもフラットのデータベースを作ればいいのでは?という話。
この話は、以前から何度か持ち上がり消えている。

以前、英語ができてPCもわかるってことで、私に白羽の矢が立ったのだけれど、メンテナンスを考えると気が重くて、お断りしてしまった。
PCスキルはともかく、英語力はみなさん誤解してるのよね。誰も私のはちゃめちゃな英語聞いたことないでしょうがー(海外にはこっそり一人で行ってるからね)。

フラットの遺伝疾患と考えられているのは、白内障・二重睫・眼瞼外反・眼瞼内反・股関節異形成・甲状腺機能低下症・進行性網膜萎縮症。

スウェーデンでは、遺伝疾患として、股関節、肘関節、PRA(進行性網膜萎縮症)、腎臓病を管理している。それ以外にフィールドトライアルやショーでの賞歴。
そして、大切な血統(どういう組み合わせで何頭生まれたという膨大なデータベース)。

日本だと、ショーの結果はJKCでも公表していないので、知るのが難しい・・・そういうのもちゃんと公表するように、ドッグショーのアンケートにみんなで書くといいらしい(Kジャッジのコメント)

メンテナンスは、Wikiみたいに誰でも登録できるようにすればいいのかもしれない(アメリカのゴールデンのデータベースはそうなっているらしい)けど、どれだけのブリーダーさんが、色んな情報公開に協力してくれるかどうかが大問題。

情報を公開、交換することが、日本のフラットのクオリティを上げることにつながるんだけどな。といいつつ、またくじける私_| ̄|○

|
|

« リードの引っ張りを教えるのは | トップページ | ライム順調です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67248/49120811

この記事へのトラックバック一覧です: 日本版 フラットデータベース:

« リードの引っ張りを教えるのは | トップページ | ライム順調です »