« ラムダっちゃー | トップページ | 雪遊び »

2010年2月24日 (水)

PRAについて、その後

Simon (Almanza far & flyg)の直子が、PRA(進行性網膜萎縮症)という記事を書いたら、友人達があちこちに問い合わせてくれたり、また自分でもスウェーデンのブリーダーさん達に聞いて、情報を集めた。

フラットに関しては、PRAの遺伝子検査はまだ確立されていない。スウェーデンからも数頭のサンプルをoptigenに送ったけれども、遺伝子を突き止めることはできなかったらしい。

Simonの子は、再検査を受けたが、やぱりPRAと診断されたとのこと。
今後、さらに検査を受けるらしい。PRAと思われていても、白内障だったり、外傷性のもの(遺伝性ではない)だったりするので、診断が難しいそうだ。

日本で検査するとすると、血液を採って、ラブの遺伝子と照合することになる。近縁種といっても精度にかなりの疑問が残る。

Simonのラインブリードの子達が日本にいるけど、今のところPRAを発症したという話は聞いていない。直子や孫の世代がキャリアでないといいんだけど。
ということで、すっきりとしないまま(^^;

スウェーデンのブリーダーさん達は、毎年生まれている頭数からすると、ごくわずかしか出てないから、そんなに心配してないらしい。
まあ、色んなラインがあるから、相手選びには困らないもんね。

遺伝疾患のリスクを下げるためにも、遺伝子プールの幅を広げないとね。
みなさんもっとフラットを輸入してください。

|
|

« ラムダっちゃー | トップページ | 雪遊び »

コメント

こんな愉快な仲間達が世の中に増えていくなら…。フラットのデータベース化に是非協力させて下さい。しかし元気でないとね…。今度詳しく教えて下さいdelicious

投稿: サラパパ | 2010年2月26日 (金) 07時17分

♪サラパパさん

遺伝疾患で苦しむ子が限りなく減るように、繁殖者はできる限りの事を考え実行しないといけないです。
元気で明るいフラットが一番!

データベース化、JKCへの働きかけが必要ですね。

投稿: F.CHORD | 2010年2月26日 (金) 20時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67248/47655271

この記事へのトラックバック一覧です: PRAについて、その後:

« ラムダっちゃー | トップページ | 雪遊び »